トップ

2009年03月11日

まあ生きていられる範囲の点

今日は化学・英語・数A・生物の授業。

期末は数A・生物とオーラル(ブンコ)が返却されました。

数A
死ぬほどひどい点数を想定していたんですが、相当採点基準が緩かったようで、まさかの6割到達。
点数が1.2倍換算されて、かつサクシード・レポートを全部出せば夢の100点も不可能では(ry
1組には80点台皆無とか。。

生物
地学と合計で99点。なおさら地学での失点が悔やまれます。
てか51点満点ってなんすか。

オーラル(ブンコ)
まさかの9割越え。あんなクソ喜劇でまともな点数をくれるとはw


さて、そんなわけで一番帰ってきてほしくない数Aもなんとかなって、明日は…数Tとか国語が帰ってくるわけですね。個人的には金曜日の漢文が一番怖い(テスト返却よりも副校長氏が)。。
「漢和辞典持参」ってのはぴこぴこおkなんだろうか。
紙の漢和辞典なんて小学生用のものしかないんだがw





さて、そんなわけで、春休みも近いんですが。流石にこのまま期末くらいしかろくに勉強しないのもまずかろう、と思って春期講習とやらに申し込みました。某Z塾ね。。
なんか妙に「Z」からはじまる塾にご縁があるようなんですが。

で、そのテキストが昨日届いたんですが。

数学より英語の方が分からんorz

今まで私は数学より英語の方が出来ると思っていたんですが、そうでもないのかも…
数学の方は基本的に既習分野の復習なんでキヨヲさんのプリントとかで見覚えのあるような形式の問題が多いんですが、英語の方は未知の単語が結構あるようで…

国語はまあ、現代文は普通で、古典は用言活用の復習で、漢文は基本的文法の復習ということで、別段難しくはないようで。つーかタタル氏のテストが鬼であることを思い知ったんですが。


16日にテストがあるとかで、そのテストの範囲になっている指数・対数をやんなきゃいけないわけだ。数Aのレポートもあるし。
なんだかんだで期末が終わっても数学から逃れられそうもないです。


でわ。
タグ:数A 期末 生物
posted by 阪急特急 at 14:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115468310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

こういう生活を幸せというのだろうか?
Excerpt: 「幸せ」 タイトルに意味はないけど。別に今、幸福も不幸も感じてないからね。これを幸福というのだろうけど。 あきおさん曰く「寛容」だったら幸せになれるらしい。へえ。 採点って人間が現..
Weblog: The ootori's blog
Tracked: 2009-03-11 19:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。