トップ

2010年02月01日

期末型人間

範囲が決まっている期末では高得点でも、実力テスト形式になるとガタガタになる人…それを期末型人間と呼ぶ。。。


特考の前にセンターのレビュー(続き)

地学…実は一番対策をした(付け焼刃ともいう)科目にもかかわらず7割を切る。うーむ。。

数学TA…必要とか十分とかのところで間違えるorzまあそのほかは全部あっていたからまあよろし。

数学UB…ベクトルで一部落とす。それでもまあTAと合わせて9割いったので今のところでは及第点か。

そんなわけでセンター総得点はなんとか8割に到達。
まあ、これなら足を切られるまい。しかし科目が違うとはいえホイウーオの点数には遠く及ばずorz


さて、特考レビュー。。

現代文(関)…なぜか意外と点が取れた。。素数点。「轄」を数分かけて思い出したのが幸いしたかw

現代文(東)…なぜか意外と点が取れず。平均点すれすれ。あぶねー

古文…絶好調。学年2位という快挙wしかし1位のハゲに3点もの水をあけられる。。。

漢文…十八番のはずなのに…平均すれすれしか取れなかった…結構ショック。

数学U…はじめてみるような点数。。。学年順位が113位とかどんなだよ。

数学B…これが一番ましだった。球の問題は平面と点の距離の公式で強引に書き出した解きようも無いような連立方程式に部分点が付いたことに感動w

数学文…右側の問題で「無限個」と書いたおばかさんです。1ケタ点。

英語T…期末型人間ははっちーの試験だけは何とかなる。素数点。

英語U…割としょぼーんな点数。平均点すれすれ。しかしクラス平均を割る。

英語V…これも微妙な点数。しかしなぜ「あべひろし」なんだろう。


そんなわけで、総得点率は4割台前半…どうなんだろうかねぇ・・
十八番の漢文が不調だったのと、指数の問題と三角関数の問題で時間をかけて実は序盤で計算ミスをしていたという2点が悔やまれます。。。


目下の課題はこんなところか。。
・英語の語彙力を何とかする(割とひどい)
・漢文を思い込みで読まない
・整数問題を解けるようにする
・序盤をよく見直す
・古文の語彙を何とかする

次回は得点率5割を目指して。。でわ。
posted by 阪急特急 at 18:26| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。